食事とホルモンバランスの関係

気をつかった食事をとればホルモンのバランスも安定するので健康的になれると言われています。
一般的に健康な食べ物といえば野菜であったり、豆類と言われていますが、どのように気をつかっていけばいいのでしょうか?
単に野菜や豆類を摂っていくだけでいいのでしょうか?

【安全な食材選び】

スーパーに行けば様々な種類の食材に出会う事が出来、品質なども目で見る事が出来るようになっています。
野菜やお肉などは特に、何処産であるのか、国産なのか?なども表示されています。
安全な食材を選ぶといえば、有機栽培であったり、オーガニックなどと表示されていれば更に安心出来ますよね?
このような表示をしっかりと見て、そこに気をつかうことで安全な食材探しが出来ます。

【加工食品について】

ホルモンバランスを考えた時に大事な食材として大豆商品が挙げられることが多いです。
大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンに似た成分が含まれているからだと言われていますが、その中でも豆腐や豆乳が人気です。
ただ、豆腐や豆乳を買う時に気をつけないといけないのが、どんな大豆を使って作られているのか?だと思いませんか?
豆乳などは特に国産を見つけることが難しく、カナダ産やアメリカ産の大豆で作られていることが多いのです。
遺伝子組み換え大国でもあるアメリカ産の大豆となれば、それは健康なのか?と心配になってしまいますよね?
なので、国産大豆で豆腐を作っているお店などが販売している豆乳などを購入するといいかもしれませんね。

【惣菜について】

忙しい人が増える中、スーパーでは惣菜コーナーが目立つようになってきています。
コンビニでもお弁当コーナーが充実していると嬉しくなりますよね?
しかじ、これらも本当に安全な食材で作られているのかは、分かりにくいものです。
食べ物とホルモンのバランスの関係はとても深く、体内に入るもので体が作られていくと考えれば、気をつかった食べ物や食材選びは欠かせない事だということが分かります。

関連する記事

ページ上に戻る