女性ならではのがんとホルモン治療

女性特有の癌には様々な種類があり、発見されると治療が必要になってきます。
早期発見の場合やそいでない場合で治療方法も変わってくるようですが、ホルモン剤を投与していく治療や、抗がん剤を投与していく治療などが一般的です。
ここではホルモン剤の治療を取り上げていきたいと思います。

【女性特有の癌の種類とは】

女性だからかかってしまう癌には、乳がん、子宮がん、これと深く関わる子宮筋腫や、卵巣がんなどが一般的によく知られています。
かかってしまう年齢も様々で早いくて二十代からと言われている癌でとても深刻な疾患でもあります。
ホルモンバランスの乱れや、生活から抱えるストレスなどなかなか気づかないところで症状が進んでしまうことが多いため、大抵の女性は症状が悪化など、何か身体に起こるまで気が付きません。

【治療方法とは】

がん治療は早期発見で始めていく方がもちろん手遅れになりにくく、医師たちも検査を勧めています。
早く見つかれば、発がん性物質を小さく出来る可能性が高くなるので、ホルモン剤を投与していけば癌には至らないのです。
ホルモン剤は錠剤のものや、点滴で体内に入れていくタイプがありますが、早期の場合でしたら、錠剤を毎日飲む形になります。

【体にメスを入れる、入れないの大きな違い】

早期発見が出来てがん治療を進める事が出来れば発がん性物質は小さくなるので手術には至らない事も多いです。
しかし発見が遅い場合は大きくなりすぎ、危険な状態になればもちろん手術となり、体にメスを入れる事になります。
体に一度でもメスが入ってしまえば、術後に体調を壊しやすくなったり、切った部分の冷えやだるさが続いてしまいます。
なので、医師としても出来るだけ早期発見をして、ホルモン剤などの治療で発がん性物質を小さくしていく方法が好まれるのです。
ならば、どうしたらいいと思いますか?
定期的にがんの検査に行く事が一番の対策になりますよね?
自分は大丈夫だろう!と考えるのではなく、検査を受けてから大丈夫だ!と思う方がより確実なので、積極的に定期検診を受けるようにしましょう。

関連する記事

ページ上に戻る