ホルモン治療と漢方治療の違い

かかりつけのドクターにホルモン剤を使った治療方法を勧められた時、本当にこの方法しかないのかなと思った事はありませんか?
信頼できるドクターに言われたのだから、よい治療方法なのだとは分かっていても他にも治療方法はあるのでは?と思う人も多いでしょう。

【ホルモン剤を使った治療】

不妊に伴った、子宮や卵巣の疾患の改善でホルモン剤を使った治療はよくあります。
筋腫を抱えている女性は多く、これらはサイズや性質で摘出するのか、しないのかと分けられるようです。
まだ小さい状態ですとよりホルモン治療には効果があると言われており、小さくしていくなどの効き目があります。
しかしホルモン剤を投与していく事で副作用なども勿論生じるとも言われており、軽い症状、重い症状なのかは人それぞれです。
治療前よりも太りやすくなったり、めまいが増えたり、眠りにつきにくい又は浅くなるなど、症状の出方も人それぞれです。
これらの副作用を経て、改善を見られる人も多いため、良い、悪いと一括りでは考えにくいものですよね。
それでは、どうしてもホルモン剤は使いたくない場合、これら疾患に対する治療方法はあるのでしょうか?

【漢方療法の紹介】

自然療法というのは、自然に勝手に治癒していくという方法ではなく、化学的ではない自然からの治療方法で治していくという方法です。
その一つとして、漢方薬で治療していくという自然療法があります。
漢方薬とは、主に中国で育てられたハーブを症状に合わせて処方してもらい、煎じて飲んだり、粉末やカプセルで摂取します。
全てハーブなので化学物質による副作用を心配する必要はありませんが、ハーブのクオリティーには注意する必要があるでしょう。
信頼できる漢方を取り扱っている漢方ドクターを探す事が大事です。
これがホルモン剤治療と漢方治療の違いになるので、自分に合った方法を選んでみましょう。

関連する記事

ページ上に戻る